前へ
次へ

英語学習で大切な幼児教育をする人材

私たちが英語を学習をする上で、一つの難関が英単語をいかにして早く覚えるかということではないでしょうか。
日本では英語は中学生になってから、ようやくその学習を始めます。
世界ではどうでしょうか。
例えば東南アジアのタイなどでは、英語学習は幼稚園の頃から始めます。
タイでは5歳から英語の学習を開始するということになります。
日本では13歳になってから初めて英語学習を始めます。
それだけで、はじめから大きな差がついているということになります。
日本も最近ではそれに気がついて、英語学習の幼児教育の重要性が見直されてきています。
ですが一つ問題は、それをするだけの人材がいないということです。
少子高齢化の中で人口が減少していますので、外国人をたくさん採用するのも一つの道ではないでしょうか。
外国人を採用するといっても、それは、英語学習に最適な、英語のネイティブスピーカーで、ちゃんと教育を受けた人でないとなければなりません。
労働ビザの規制を緩めるよりも、きちんと審査することが大切なことです。

Page Top